山陽新幹線博多開業40周年

0系R-1編成
山陽新幹線を上り0系こだま号です。新幹線と言えば0系のイメージが強いでしょうか。今は車種も沢山あり、世代交代が早く、0系どころから100系に300系の姿もありません。

0系NH-82編成
16両編成のひかり号。長い編成の0系が終点博多を目指して走ります。食堂車にビュフェと連結されていました。写真は食堂車組み込みの16連の晩年の姿です。

21-108
小郡駅に停車するこだま号。客室も窓も大きく運転台の側窓もシンプルなこの姿が愛嬌がある顔だと思います。
昔は、0系ばかりで変化もなく撮影することもほとんどなく、トンネル続きであまり好きではなかったですが、今、改めて見るとイイですね。

36-1+27-24
小郡駅(現:新山口駅)に停車する0系ひかり号。写真左手が食堂車です。機械的に食堂車の36型と対になるのが右の27型です。東京から博多までひかり号として直通していたなんて、今ののぞみ時代に想像がつかずはるか昔のように感じます。と、言いましても写真は、20年以上前。10年ひと昔と言いますが、時が経つのは早いです。
両親の仕事が日本食堂と列車食堂でしたので、移動は、父が勤務する「新博多営業所」の担当のひかり号の食堂車(写真の36型)で移動することが多かったです。

何かと思い出も多い山陽新幹線も今年3月で博多駅まで開通してから40年だそうです。門司港にある九州鉄道記念館では、新幹線博多開業40周年ということで、東海道・山陽・九州新幹線と繋がっているということから、同新幹線記録の企画展示を本館2階で行っております。私の写した新幹線の写真もあります。
九州鉄道記念館のチラシ、
画像をクイックすると大きくなります。

更に詳しくは九州鉄道記念館のHPへ。
http://www.k-rhm.jp/

下記は企画展のページにリンクいたします。
http://www.k-rhm.jp/news/20150203_kikaku

春の門司港散策と共に九州鉄道記念館へ足を運ばれてみては如何でしょうか。

1枚目:平成10年6月27日撮影 こだま654号0系R-1編成
2枚目:平成10年7月5日撮影 ひかり183号0系NH-82編成
3枚目:平成6年8月16日撮影 0系R4編成・21-108 先頭車で21型の108号です。
4枚目:平成6年8月16日撮影 0系NH23編成・36-1+27-24 食堂車
PENTAX LX及びZ1-P使用。
フイルムは、RDPⅡとネオパン400プレストです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuaki.U

Author:Yasuaki.U
ダブルエーピー青葉

宇都宮 靖顕

福岡市東区青葉1丁目1-14

TEL/FAX:092-691-7767

定休日:水曜日

ヤマハの電動アシスト自転車パスの販売をしています。ご用命は当店へ!!ご来店お待ちしています。

試乗車のヤマハパス・ナチュラL2015年モデル・キッスミニ2012年モデルを置いています。店員である私たち夫婦は2児の親で実際に前後に子供を乗せて使用しています。日常で使ってみての感想などお伝えできることも多いかと思います。チャイルドシートを前後に装備していますので、お子様を乗せての試乗もできます。この機会にぜひご来店ください。お待ちしています。

店長は幼いころから鉄道好きで、店内は鉄道写真やコレクション鉄道の部品など飾っています。写真好きでもありPENTAXファンでもあります。この日記は、私が好きな鉄道や風景写真などアップしています。もちろん仕事の販売のヤマハパスの良さもお伝えできればと思います。

※当ブログの写真の著作権は宇都宮靖顕に属します。
それ以外の当ブログの画像の2次使用はお断りいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ダブルエーピー青葉
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR