街の風景の中のあさかぜ号

九産大1号館
PENTAX superA FUJIFILM ネオパン400プレスト+スーパープロドール希釈
平成6年6月6日 香椎〜九産大前 10レあさかぜ4号 EF81-400(大)+24系25形東シナ

今朝はお天気でしたが次第に曇ってきました。やはり夜から雨が降るのでしょうか?今日の画像は鉄道の話で、今から18年前。東京~博多間を結んだあさかぜ号の話で、日本で最初に登場した寝台特急で後のブルートレインに呼ばれるようになった元祖の列車です。これらはその博多行のあさかぜの廃止の年に写したの写真です。普段は列車主体の写真が多かったのですが、日常の見慣れた風景の中を行くシーンを記録しようと写しました。

当時、私は九州産業大学の学生で1号館の10階の研究室が並ぶ廊下の窓から撮影しました。この建物も出来たばかりで丘の上に立つ建物ですので見晴らしはよかったです。九産大踏切を通過するあさかぜ4号を逆光ですが狙いました。学校に通ってブルートレインが毎日見れるとは幸せな日々でした。バックは香住ヶ丘​です。その奥には白く飛んでいますが、アイランドシティーが埋め立て工事中なのが判ります。3号線も上り線が渋滞していますね。

箱崎駅
PENTAX superA FUJIFILM ネオパン400プレスト+スーパープロドール
平成6年10月2日 箱崎 10レあさかぜ4号 EF81412(大)+24系25形東シナ

今と様子がすっかり変わってしまった箱崎駅と吉塚駅。写真は箱崎駅を通過しようとするあさかぜ4号東京行です。奥に見えるのは吉塚駅で箱崎〜吉塚間の駅間が短いのがよく判ります。吉塚はもちろん通過なので、一番外側の通過線を通ります。下りこう配から箱崎駅手前でレベルへとなりますが、博多を出てから加速してくるところで、力行する81が迫力がありました。

新宮
PENTAX superA FUJIFILM ネオパン400プレスト+スーパープロドール
平成6年10月1日 筑前新宮〜古賀 10レあさかぜ4号 EF81409(大)+24系25形東シナ

新宮の町をバックに東京を目指すあさかぜ4号。10月なので夕方の光も弱々しく、そんな中を直線を飛ばしていきます。画面中央の少し上あたりに商店街のアーケードが写っています。あぁ〜あの陸橋かぁ〜!と、気が付く地元の方も多いことでしょう。廃止まであと2か月と迫ったころで、みずほ・あさかぜを見慣れた風景でも写そうと追いかけていました。

このころは半分ぐらいがモノクロで写していました。モノクロならば逆光などを階調を活かして絵になると思っていましたし、感度400を使っていたので、暗くなっても写すことが出来ました。何より自家現像でトーンやコントラストなど操作できる楽しみもありました。カメラにモノクロを詰めてぶらりと出かけて、そして撮り終わると、家に帰って現像をするのですが、台所が使われていない時に占拠。定着が終わり現像タンクを開けて電燈に定着むらがないか?写っているかぁ~とドキドキしながら見たものです。沢山写したモノクロも結婚する頃まで写し続けたでしょうか。その数年前にデジカメを手にしてから遠のいたように感じます。1枚目のような写真は、暗室にこもって覆い焼や現​像液に漬けるタイミングなど苦労していましたが、今では​お茶を飲みながらでパソコンの画面に向かってトーンカーブで操作できるのですから便利な世の中になりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モノクロ

管理人さま、こんにちは。
モノクロフィルムで鉄道撮影楽しかったですね。
確かにデジタルにしてから、フィルムをどうするか考えなくなりました。
イオスデジタルにする前は、カラー現像処理で使用可能なモノクロフィルムを使用していた時期があります。

Re: モノクロ

GIOさん、コメントありがとうございます。

> カラー現像処理で使用可能なモノクロフィルムを使用していた時期があります。
イルフォードのフイルムですか??凄い微粒子ですよね。模型の先輩がイルフォードに勤めていてたまにはうちのフイルムも使ってよ。とか、言われたことを思い出します。

憧れでしたねぇ…。

こんばんは。すっかりご無沙汰しています。

EF81が牽引する金帯あさかぜ!

特に1枚目は、博多に近づくにつれて、街中を駆けていくあさかぜ1号の姿を、敢えて俯瞰で捉えているのがイイですねぇ!

意外とこういう写真を見かけないので、或る意味新鮮さを感じます。

2枚目・3枚目は夕方博多から東京に向かう上りあさかぜ4号の姿ですねぇ。箱崎・吉塚付近も、今とは全然違いますね。

上野口では、編成は短いけれど、北斗星1号・3号が日暮里を通過する姿とダブります。

まだ、九州へ向かう寝台特急がたくさんあった頃のいい時代でしたなぁ!

モノクロで記録していたことが、一層時代の流れを感じさせるとともに、既に九州から寝台特急列車が消えてしまったことが残念です。

Re: 憧れでしたねぇ…。

W-1さん、コメントありがとうございます。金帯あさかぜ懐かしいでしょう。そちらでは66が引く姿が当たり前でしょうね。当初76だった9.10レも平成元年に81に変わりなんだかんだで6年近く活躍したことにまります。

私は、香椎の九産大に通っていて日常当たり前に目にする風景でした。博多あさかぜが廃止になる年に写したものが多いですが、日頃の見慣れた街中で撮影しておこうとおもい、極力周りを入れるようにしました。博多あさかぜなきあともさくらとはやぶさでその続きを写し続けました。

吉塚・箱崎は単に高架化で線路の風景が変わっただけでなく、同時に区画整理も行われているので、ここ数年で様子ががらりと変わりました。同じように千早駅や香椎駅周辺も同じです。博多駅も大変身をしたので、こちらに来られたら驚かれるかもしれませんね。

モノクロって、自分で現像をしていて、トーンやコントラストなど変えることが出来て楽しく、当時写した半分ぐらい?それ以上がモノクロでした。今改めてこれらのモノクロのネガをみると、あさかぜ1.4号の姿がさらに懐かしく感じますね。
プロフィール

Yasuaki.U

Author:Yasuaki.U
ダブルエーピー青葉

宇都宮 靖顕

福岡市東区青葉1丁目1-14

TEL/FAX:092-691-7767

定休日:水曜日・第3日曜日

ヤマハの電動アシスト自転車パスの販売をしています。ご用命は当店へ!!ご来店お待ちしています。

試乗車のヤマハパス・ナチュラL2015年モデル・キッスミニ2012年モデルを置いています。店員である私たち夫婦は2児の親で実際に前後に子供を乗せて使用しています。日常で使ってみての感想などお伝えできることも多いかと思います。チャイルドシートを前後に装備していますので、お子様を乗せての試乗もできます。この機会にぜひご来店ください。お待ちしています。

店長は幼いころから鉄道好きで、店内は鉄道写真やコレクション鉄道の部品など飾っています。写真好きでもありPENTAXファンでもあります。時には鉄道写真家としても活動しています。この日記は、私が好きな鉄道や風景写真などアップしています。もちろん仕事の販売のヤマハパスの良さもお伝えできればと思います。

※当ブログの写真の著作権は宇都宮靖顕に属します。
それ以外の当ブログの画像の2次使用はお断りいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ダブルエーピー青葉
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR