貝塚交通公園のブルートレインの保存車両

ナハネフ22-1007
福岡市東区の貝塚公園に保存されているナハネフ22型寝台客車。20系客車はブルートレインの元祖の車両です。昨日の話です。先日、1台中古車が売れたので東区役所へ登録の仕事で出掛けました。その帰り道にちょっと気になるところへ寄り道しました。貝塚公園に保存されている20系客車の ナハネフ22-1007が綺麗になって帯も入ったと聞いたので見に行ってきました。

ナハネフ22-1007
丁度この日は、側面窓の張り替え工事が行われていました。綺麗になったらまた見に行きたいと思います。

貝塚公園は交通公園になっていて、公園内に道路や信号機があり、ゴーカートも貸してくれます。お子さんと一緒に交通ルールを覚えるのにはちょうど良いかと思います。地下鉄箱崎線・西鉄貝塚線の貝塚駅から徒歩すぐの目の前のアクセスに便利な場所にあります。

福岡市のサイト(東区)



と、言うことで思い出の1枚です。車号や所属基地は違いますが、同じナハネフ22の1000番台の現役の時の写真です。客車の前に立つのは小学2~3年生頃の私です。
さんべ6号
昭和57~58年ごろの竹下客車区にて。宇都宮照信:撮影
夜の車両基地である竹下客車区で、発車を待つ「さんべ6号」の夜行米子行です。この後、鳥栖機関区所属のDD51型ディーゼル機関車が連結されました。ホームとは違い目線が低いので、DD51がさらに大きく見えました。そして、始発駅の博多駅へと回送されていきました。小学生の頃の良き思い出です。

参考までに、
急行さんべ6号
806列車
博多21:50発~米子6:55着
編成は
米子方
DD51(鳥)博多(竹下)~門司
7号車:ナハネフ22-1000
6号車:ナハネ20-2000
5号車:ナハネ20-1000
4号車:スハフ12
3号車:オハ12
2号車:オハ12
1号車:スハフ12
荷物:マニ50
博多方
昭和59年2月1日ダイヤ改正を持って廃止。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuaki.U

Author:Yasuaki.U
ダブルエーピー青葉

宇都宮 靖顕

福岡市東区青葉1丁目1-14

TEL/FAX:092-691-7767

定休日:水曜日・第3日曜日

ヤマハの電動アシスト自転車パスの販売をしています。ご用命は当店へ!!ご来店お待ちしています。

試乗車のヤマハパス・ナチュラL2015年モデル・キッスミニ2012年モデルを置いています。店員である私たち夫婦は2児の親で実際に前後に子供を乗せて使用しています。日常で使ってみての感想などお伝えできることも多いかと思います。チャイルドシートを前後に装備していますので、お子様を乗せての試乗もできます。この機会にぜひご来店ください。お待ちしています。

店長は幼いころから鉄道好きで、店内は鉄道写真やコレクション鉄道の部品など飾っています。写真好きでもありPENTAXファンでもあります。時には鉄道写真家としても活動しています。この日記は、私が好きな鉄道や風景写真などアップしています。もちろん仕事の販売のヤマハパスの良さもお伝えできればと思います。

※当ブログの写真の著作権は宇都宮靖顕に属します。
それ以外の当ブログの画像の2次使用はお断りいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ダブルエーピー青葉
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR