石灰輸送(クリンカ)~DD511070(門)

5385レDD511070
PENTAX superA FUJICHROME RDP
平成4年9月15日 小倉駅 5385レ 門司(操)(石原町)発の黒崎行 DD511070(門)+ホキ6700.8500

今日は良い天気となりました。久しぶりにディーゼル機関車ネタです。先月、九州鉄道記念館へ「海幸・山幸」が展示されたとき、ミシンテックさんと出掛けました。その帰り道に貨物の話になりました。私が国鉄時代、石原町のクリンカ(セメント半生の状態)の貨車を門司駅で門司港から下って来るを見たことありますよ!と、言う話をすると、田ノ浦埠頭にも列車があったという話になりました。そんなこんなで懐かしくなり、ポジを探しました。写真はすでにJRになっていて、田ノ浦埠頭には姿はなく、日田彦山線の石原町と黒崎を結んでいたころです。

貨車のことはよく判りませんので、調べてみると、このクリンカを運ぶ形式は、ホキ6700というのですね。石灰石を積んでいる屋根がない無蓋車がホキ8500だそうで、日田彦山線からの貨物はこの凸凹な編成でした。

当時私は、18歳の高3。この日は、早朝に自宅を出て、東福間駅で下車。歩いて撮影地に移動して、下りブルートレインを撮影。当時、トップバッタの1レさくらが東郷を7:46通過でしたので本当に早かったです。最後にやってくるあさかぜ1号が通過後、東郷駅まで歩いて移動。小倉に立ち寄り、廃止が決まっていた西鉄の砂津車庫まで歩いて路面電車を撮影。夕方は、関門の貨物などを撮影していました。423系に揺られて移動したのも思い出です。気候も陽気でしたので窓をあけまして、入ってくる風が心地よかったです。城山峠を越えたところではウトウトと寝かかっていまて、折尾で目が覚めました。窓が開くというところが今ではあまり考えられなくなりましたね。

その後、関門のEF81の4重連単機回送を写していたのですが、いつも門司や小倉で通過するDD51貨物を見ているだけでしたので、これを撮影しようと想い午後の日が良くなる小倉駅へ再びやってきました。先頭の1070号機も検査明けで綺麗な状態でした。運転台の窓支持ゴムが黒いHゴムになって印象が変わりました。いつも原田駅で50系の客車列車を引いているのを良く見ましたが、貨物を引く姿もイイナと思いました。

あれからもうすぐ20年経とうとしているのですよね。時が経つのは早いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1070号機

管理人様こんばんわ。
何気なく見ていたDD51牽引貨物、クリンカという響きにしびれます。

Re: 1070号機

GIOさん、こんにちは。この列車はGIOさんの地元の列車で懐かしいのではないでしょうか。今も門のDD51はありますが、九州型ではありませんし、貨物がなくなり久しいですよね。

哀愁

店長さんのディーゼルネタはいつも哀愁を帯びていて、なんかジーンとなります。

Re: 哀愁

マドリゲスさん、架線の下でもディーゼル機関車は絵になります!!
プロフィール

Yasuaki.U

Author:Yasuaki.U
ダブルエーピー青葉

宇都宮 靖顕

福岡市東区青葉1丁目1-14

TEL/FAX:092-691-7767

定休日:水曜日・第3日曜日

ヤマハの電動アシスト自転車パスの販売をしています。ご用命は当店へ!!ご来店お待ちしています。

試乗車のヤマハパス・ナチュラL2015年モデル・キッスミニ2012年モデルを置いています。店員である私たち夫婦は2児の親で実際に前後に子供を乗せて使用しています。日常で使ってみての感想などお伝えできることも多いかと思います。チャイルドシートを前後に装備していますので、お子様を乗せての試乗もできます。この機会にぜひご来店ください。お待ちしています。

店長は幼いころから鉄道好きで、店内は鉄道写真やコレクション鉄道の部品など飾っています。写真好きでもありPENTAXファンでもあります。時には鉄道写真家としても活動しています。この日記は、私が好きな鉄道や風景写真などアップしています。もちろん仕事の販売のヤマハパスの良さもお伝えできればと思います。

※当ブログの写真の著作権は宇都宮靖顕に属します。
それ以外の当ブログの画像の2次使用はお断りいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ダブルエーピー青葉
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR