国鉄佐賀線③~筑後川の昇開橋

62.03.25 諸富~筑後若津 535D光跡
昭和62年3月25日 旧国鉄佐賀線。諸富~筑後若津間。筑後川鉄橋梁(筑後川信号所)。フジカラーHR100.PENTAX MEsuper 宇都宮靖顕:撮影

佐賀線シリーズが3回続けています。仕事がバタバタしていまして、写真が撮れず、ちょいとネタ切れでして、今日も佐賀線の写真を貼ります。

廃止もあと数日に迫った佐賀線です。この日も父と2人で佐賀線にやってきました。太陽も沈んで空を闇が包む前の青い時間。鉄橋をゆっくりと列車が渡っていきます。通過する列車が光を残すばかりか水面にも光を落していきます。信号所の明かりや船への赤い信号の光も川の水面に反射がアクセントになってより印象的に仕上がりました。

カメラを三脚にセットしたのはいいのですが、シャッターはもちろんB(バルブ)で手動でシャッターを開けなければなりません。にもかかわらず、2人とも時計を忘れてしまいました。どうしたかというと当時の車の時計はアナログです。父が自分の分と私のカメラのシャッターも押して、シャッターを開けたと同時に合図をもらって、私が車の中で時間を計りました。これぞほんとの親子共作です。時に私は中学に上がる寸前。父も若く24年前の懐かしい思い出です。


※明日23日は子供の保育園の運動会です。勝手ながら臨時休業となります。御用の方は翌日10時からのエイギョウトなります。
スポンサーサイト

国鉄佐賀線②~筑後川の昇開橋

534Dキハ47+40昭和62年3月27日。旧国鉄佐賀線筑後若津~諸富間。PENTAX MEsuper フジカラーHR100.宇都宮靖顕:撮影

再び佐賀線の画像をアップします。この日は、佐賀線最終日で、キハ35を連ねた瀬高から発車した最終列車は超満員で、どこの駅も人であふれかえっていました。列車が各駅で遅れて筑後若津に着くころは、ついに廃止の27日を超えて翌日になってしましました。父や今もお付き合いのある父の友人たちとみんなで、瀬高から諸富までその最終列車に乗ったのも思い出です。

この鉄橋は夕暮れ時にシルエットにすると本当に絵になる鉄橋です。最終日もドラマチックな風景を演出してくれました!!




こちら、福岡市東区は風がビュービューと時折強く吹いています。台風の進路が気がかりですね。紀伊半島や四国の地方の方は心配なことでしょう。何事もないことを祈るばかりです。できれば日本からそれてくれるといいのですが・・・。
※明日水曜日は定休日になります。

国鉄佐賀線①~筑後川の昇開橋

532Dキハ35+47
昭和62年2月28日。旧国鉄佐賀線筑後若津~諸富間。PENTAX MEsuper フジカラーHR100.宇都宮靖顕:撮影

※国鉄佐賀線は鹿児島本線の瀬高駅から長崎本線の佐賀駅を柳川市(筑後柳河駅)・大川市(筑後大川駅)・諸富町(諸富駅)を結ぶ路線で、国鉄再建法の特定地方交通線(九州内は23線区)として昭和62年3月27日を最後に廃止されました。(西日本新聞社:「九州の鉄道の記憶」宇都宮照信編を参照)

子供の頃写したネガの中から一枚アップします。親子2代で鉄道ファンのわたし。父についてローカル線へ、単に列車に乗って小旅行を楽しんだり、車に機材を積んで名シーンを求めて撮影に出掛けたりすることしばしば。筑後川も河口に近い佐賀県諸富町と福岡県大川市にかかる佐賀線の鉄橋(昇開橋)は、家族でよく通ったところです。

(自宅の西新から三瀬峠を越えるとすぐ??ドライブで出掛けるにはちょうど良かったのでしょうか?今は立派なループ橋が完成している三瀬峠。当時は道幅も狭く離合も厳しい場所もありました。)

この鉄橋は写真をご覧のとおり真ん中の橋が上下しまして、普段は上にありその下を大きな船を通します。列車が通過する前に船への信号が赤になり「う~」とサイレンとともに橋がスルスルと降りてきます。しばらくするとゆっくりと列車が渡っていきます。単に鉄道写真とジャンルにくくらなくても、風景写真として何度みても絵になる感動的なシーンでした。

この橋は、今も保存されていまして、歩いて渡ることが出来ます。しばらくこの昇開橋へはご無沙汰なので、これから気候が良くなる時期に、今度は自分の子供たちを連れて出掛けてみたいと思います。
プロフィール

Yasuaki.U

Author:Yasuaki.U
ダブルエーピー青葉

宇都宮 靖顕

福岡市東区青葉1丁目1-14

TEL/FAX:092-691-7767

定休日:水曜日

ヤマハの電動アシスト自転車パスの販売をしています。ご用命は当店へ!!ご来店お待ちしています。

試乗車のヤマハパス・ナチュラL2015年モデル・キッスミニ2012年モデルを置いています。店員である私たち夫婦は2児の親で実際に前後に子供を乗せて使用しています。日常で使ってみての感想などお伝えできることも多いかと思います。チャイルドシートを前後に装備していますので、お子様を乗せての試乗もできます。この機会にぜひご来店ください。お待ちしています。

店長は幼いころから鉄道好きで、店内は鉄道写真やコレクション鉄道の部品など飾っています。写真好きでもありPENTAXファンでもあります。この日記は、私が好きな鉄道や風景写真などアップしています。もちろん仕事の販売のヤマハパスの良さもお伝えできればと思います。

※当ブログの写真の著作権は宇都宮靖顕に属します。
それ以外の当ブログの画像の2次使用はお断りいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ダブルエーピー青葉
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR