寝台特急あさかぜ1号~博多駅

あさかぜ1号
東京~博多間を結んでいた寝台特急あさかぜ号。終点の博多駅に到着するシーンです。

昔のポジフイルムをスキャンしました。
この年の12月に2往復あったあさかぜの内、東京~下関を残し、博多行あさかぜは臨時列車に格下げされました。撮影をしたときは平成6年ですので、もう20年を超えているのですね。つい最近のような気がしますが。

PENTAX superA
SMCP-M200mmF4?だったかな?
FUJICHROME RDPⅡです。
スポンサーサイト

博多駅17時32分~あさかぜ4号の旅立ち

EF81410
平成6年10月25日 EF81410牽引
夕闇迫る博多駅4番ホームの竹下方のホームの端っこ。車両基地の竹下駅(旧客車区)から博多駅に進入するあさかぜ4号です。

今日も暑いですね。昔、写したモノクロの写真をアップします。

2009年の3月のはやぶさ+富士号の廃止を持ってブルートレイン発祥の地の九州からブルートレインが全滅しました。かつて、博多駅4番ホームは、対本州向けの寝台特急が発車していたホームで、10両以上の長い編成も停車できるホームでした。下りは、長崎線の列車が使っていますし、山陰方面のまつかぜも発車していました。ブルートレインが東京や新大阪へ向けて日常当たり前に見れたところです。

EF81413
平成6年9月20日 EF81413牽引
夕方のラッシュが始まる頃、賑やかなホームにしずしずと入線します。あさかぜは始発駅で、いつも駅の場内信号で止められていたのでゆっくりとホームに入ってきます。これが、はやぶさやみずほ・さくらですと、バタバタと発車していく感じでした。

4番ホーム
平成6年9月27日 EF81411牽引
17時32分東京行と列車案内もあさかぜ4号の懐かしい名前。日常の雑踏の中で独特の雰囲気を醸し出しています。

オハネ25_B寝台
平成6年11月16日 オハネ25
ホームの明かりが入り口の☆3つを照らしています。
※☆3つは、2段B寝台(2段ベット)という意味。余談ですが☆1つが3段寝台で☆2つが電車寝台。☆4つが4人用個室カルテットです。

あさかぜ_東京行
平成6年11月1日
東京行あさかぜの方向幕が雰囲気を盛り立てます。

食堂車
平成6年11月16日 オシ24-704
残念ながら食堂車はこの前年に営業を休止して、この時は売店でした。

博多を去りゆくあさかぜ
平成6年9月24日 24系25形東シナ15B
東京へ向けて発車。機関車の重厚な音に続いて静かなジョイント音。最後にゴ~と、電源車の音。次第に鉄輪の音が響き、青い車体が小さくなっていきます。ブルートレインの去り際って、なんだか郷愁に満ちているというか、雰囲気がありますよね。

この後、平成6年12月3日に到着の列車を持ってあさかぜ1.4号は廃止(臨時格下げ)されました。当時、私は20歳の出来事でした。

※写真はすべて、10レ寝台特急あさかぜ4号博多発東京行です。場所は博多駅と今とは様子が随分と違います。
※カメラは、PENTAX superAを使用して、フイルムは、FUJIFILM ネオパン400プレストをスーパープロドールで現像。

寝台特急日本海号

日本海3号
PENTAX LX FUJICHROME RDPⅡ
平成8年2月19日 大阪駅 日本海3号 EF8145(敦)+24系24型盛アオ

日本海3号EF81
PENTAX LX FUJICHROME RDPⅡ
平成8年8月30日 奥羽本線白沢~陣場 日本海3号 EF81105(敦)+24系24型盛アオ

日本海4号ED79
PENTAX superA FUJICHROME RDPⅡ
平成6年8月27日 江差線五稜郭~七重浜 日本海4号 ED793(青函)+24系25型大ミハ



今日はパンクの多い日でした。夕方からご来店が多くピーク時には重なって3人待ちとなりお客様にはお待たせしました。無事に作業を終えました。

ここの所は鉄道のネタが続いていますが、昨日発、今日の到着を持って廃止されたブルートレイン日本海号の話です。

前の日記の300.100系新幹線に続き、今日はJRダイヤ改正で廃止になる列車があります。寝台特急は、昭和31年の東京~博多のあさかぜ号から九州を結ぶ列車から寝台特急は始まりました。のちにブルートレインとなり、全国に広まっていきました。2009年のはやぶさ号・富士号の廃止により、今現在、ブルートレイン発祥の地の九州には存在せず全滅となりました。

飛行機との価格差がなくなったことや高速バスの低価格化に新幹線が速達化と、前日の夜に出発して朝目的地へ着くことよりも、その日のうちに目的地へと容易?に着くことが出来るようになった今は、時代遅れなのでしょうか?
私は、ビールでも呑みながら、暗くなった車窓を眺め、時より流れる街の明かりをボンヤリとみて、想いにふけるというのも好きでした。私の父がブルートレインの食堂車に乗務していたころは、ボンヤリというよりもビジネスマンなどお客さんも多く、別の意味でまだ活気がありました。

競争力が落ちたブルートレインは、九州だけでなく次々と廃止されて行きました。

そして、また、このダイヤ改正を持って、大阪~青森を日本海縦貫線経由で結んでいたブルートレイン日本海が廃止されました。青函トンネルが開通して一頃は、函館まで足を延ばしていたのですが、これも時代の流れでしょうか。ブルートレインは、「北斗星」・「あけぼの」のたったの2本で、寝台特急は他に「カシオペア」「トワイライトEXP」のみになってしましました。

これらの写真は私が学生の頃鉄道を追い求めて旅した時の記録の一部です。カメラなど機材を沢山担い(その他を含めて約20kg)で旅した日々が懐かしいです。同時に廃止されて急行きたぐに号は、フイルムをスキャンしていないので割愛します。

ブルートレインみずほ号①

みずほED7681
PENTAX superA+SMCP-M135mmf3.5 フジクロームRDP2 宇都宮靖顕:撮影

※平成6年5月の鹿児島本線玉名~大野下 6レみずほED7681(大)+14系熊クマ7B

現在、新幹線の愛称として走っているみずほ号(新大阪~鹿児島中央)。この愛称は日本の風景をよく表していると思います。かつては、東京~熊本・長崎を結んだブルートレインで慣れ親しんだ名前でしたが、新幹線で再び使われると聞いてうれしかったです。

繁忙期は8連の客車ですが、閑散期は7~6連と短くなります。この後、鳥栖で長崎から来た5~4連(繁忙期6連)と連結して東京へ向かいます。この写真を写した約半年後にブルートレインみずほは、廃止されました。5月でしたが暑いに日で日焼けで真っ黒になりました。

ブルートレインさくら号①

さくらED7667
平成11年3月17日 長崎本線多良~肥前大浦間 寝台特急さくら号東京~長崎・佐世保 PENTAX LX+FA☆80-200mmf2.8ED RDP2 宇都宮靖顕:撮影

※3レ さくら ED7667(大)+14系(14型・15型の混成)崎サキ6B

この日は仕事が休みで車に機材を乗せて三瀬峠を越えてやってきた有名撮影地の波瀬の浦。「さくら」は、光線が良かったので、昔からここでよく写しています。後続の「みずほ」は、移動して別の場所で写したものが多く、ここの写真が少ないのが残念です。

もちろんこのころは「みずほ」の姿もなく、「さくら」もこの年の12月のダイヤ改正で佐世保行は廃止。残った長崎行は、東京~鳥栖間で「はやぶさ号」と併結運転と、ヘッドマークも「はやぶさ」と「さくら」の図柄を重ねたようなデザインになってしました。

三脚を立ててカメラを2台セット。晴れてはいましたが、春のかすみで光線は弱く、お天気はよくわからない薄曇りと言った方が正しかったかもしれません。露出計を片手にすっきりしない天気にやきもきして待ちました。

今、改め写真を見ると、この2年前の7連時代だったら画面の収まりもよくオシ14(食堂車)の姿が機関車の上あたりでちょうど良かったことでしょう。

このあと大村線へ移動。大村湾沿いを走る気動車を写して、夕方は佐世保線にさらに移動。佐世保発の「さくら」を写して国道202号線をぼちぼち帰りました。九州各地と東京を結んでいたブルートレインですが、次第に縮小を繰り返していたころでした。

※お知らせ・・・明日、28日水曜日は定休日になります。
プロフィール

Yasuaki.U

Author:Yasuaki.U
ダブルエーピー青葉

宇都宮 靖顕

福岡市東区青葉1丁目1-14

TEL/FAX:092-691-7767

定休日:水曜日・第3日曜日

ヤマハの電動アシスト自転車パスの販売をしています。ご用命は当店へ!!ご来店お待ちしています。

試乗車のヤマハパス・ナチュラL2015年モデル・キッスミニ2012年モデルを置いています。店員である私たち夫婦は2児の親で実際に前後に子供を乗せて使用しています。日常で使ってみての感想などお伝えできることも多いかと思います。チャイルドシートを前後に装備していますので、お子様を乗せての試乗もできます。この機会にぜひご来店ください。お待ちしています。

店長は幼いころから鉄道好きで、店内は鉄道写真やコレクション鉄道の部品など飾っています。写真好きでもありPENTAXファンでもあります。時には鉄道写真家としても活動しています。この日記は、私が好きな鉄道や風景写真などアップしています。もちろん仕事の販売のヤマハパスの良さもお伝えできればと思います。

※当ブログの画像の2次使用はお断りいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ダブルエーピー青葉
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR